tokidokiyamanobori’s diary

登山記録を自分の足跡として残し、自然のすばらしさを伝えたい。

2017.9.30~10.1 北アルプス 双六岳(2860m)

新穂高温泉の登山者専用駐車場は2日前(平日)から満車とのことで、仕方なく鍋平駐車場へ止めることとしました。

初めての鍋平駐車場で下りる登山道がよくわからないので明るくなった6時頃から動き出しました。駐車場から20~30分近くかけ急な登山道を下りましたが、帰りのこの登りは嫌だなと思いました。

さて、天気は好日、登山日和となった2日間でしたが、長い道のり、素晴らしい景色を堪能できました。

 

 

広い鍋平無料駐車場です。トイレも設置されています。

しかし、ここから下のロープウェイ乗場のところまで下りなければなりません。f:id:tokidokiyamanobori:20171003213141j:plain

 

 

新穂高ロープウェイの側を通り、わさび小屋まで歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213203j:plain

 f:id:tokidokiyamanobori:20171003213216j:plain

 

 

秋空!! 最高!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213233j:plain

 

 

わさび平小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213256j:plain

 

 

ここはまだ紅葉していません。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213334j:plain

 

 

いよいよ登山道らしくなる小池新道の入口です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213358j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213423j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004195910j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004195928j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213441j:plain

 

 

山がグッと近くなり、紅葉も見え始めてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213459j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200050j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200107j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213519j:plain

 

 

熊の踊り場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213545j:plain

 

 

あと500mが意外に長い道のり。 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200150j:plain

 

 

標高2200mくらいの紅葉。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213604j:plain

 

 

あと5分がキツイ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213622j:plain

 

 

鏡平山荘の手前にある鏡池。

少し風があり、池の波が揺れていたので逆さ槍がイマイチ。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213639j:plain

 

 

槍ケ岳から穂高連峰の3000m級の山々がすばらしい景色です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213656j:plain

 

鏡平山荘から間近に槍ケ岳がよく見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213714j:plain

 

 

この場所にテントが張れないのが残念。ここにキャンプ場があればな~‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213739j:plain

 

 

宿泊したことはないが、一度ゆっくり泊まってみたい山小屋だ。

かき氷がうまそうでした。(ここの名物かな?)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213758j:plain

 

 

鏡平山荘から標高をグッと上げて、弓折分岐へ向かいます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213819j:plain

 

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213840j:plain

 

小屋から弓折分岐まで約1時間歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213915j:plain

 

弓折分岐です。笠ヶ岳と双六小屋への分岐点。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213940j:plain

 

ここから気持ちいい稜線歩きが続きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213955j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214013j:plain

 

 

雪田。花見平。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214144j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214218j:plain

 

 

百名山 鷲羽岳がどか~んと見えました。ここが双六小屋です。(ズームです)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214202j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200415j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200450j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214237j:plain

 

 

ふり返ると笠ヶ岳が遠くに見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200520j:plain

 

 

やっと双六(すごろく)に到着。

遠いな~ ここまで・・・。疲れた~~

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214254j:plain

 

 

標高2600mに位置する双六小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214335j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214354j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214410j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214432j:plain

 

 

テント場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214446j:plain

 

 

今回は、初のツェルト泊。 3回も練習した甲斐があってバシッとうまく立てることができました。

ツェルトですが、この時期は寒いので暖かめのイスカシュラフ450X(-6℃)対応を使用。ダウン着てダウンパンツでまあまあ暖かくできました。

感想:雨が降ったらヤバイ感じだけど、このファイントラックのツエルトはスーパーテントになりそう。(缶ビール1本ぐらいの大きさ)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214509j:plain

 

山は気圧が低いため、袋が破裂寸前のクリームシチューとパンです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214534j:plain

 

 夜は風がビュービュー吹いたり静かになったりで、テントから空を見上げれば素晴らしくきれいな星たちが輝いていました。(なぜかぐっすり眠れなかった・・・)

さて、翌日早朝は4:30出発。

双六岳からご来光を・・・見るぞ!!

と 頑張って双六岳頂上目指して頑張ったけど、小屋の上のキツイ登りに苦しんだ。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214557j:plain

 

 

あたりは真っ暗。でも登山道はわかる。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214617j:plain

 

 

空がしらじらと明るくなり、山のシルエットがなんともいえない夜明け前。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214633j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214647j:plain

 

 

ご来光で~す。 雲海がないから パッ‼ といきなり太陽が出てくる。

慌ててシャッターを押す・・・‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214702j:plain

 

双六岳頂上の手前で、夜明けになっちまった~。

右側の遠くに見えるのが双六岳頂上みたいだ。何人かいるのが見えた。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214822j:plain

 

 

気持ちいいね~!! 

歩いていて楽しい!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214922j:plain

 

 

双六岳頂上から見る 岐阜県の飛騨神岡が雲海に包まれていた。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214947j:plain

 

 

笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳御嶽山百名山の山並みがいい。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215007j:plain

 

 

黒部五郎岳(2839m)が見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215030j:plain

 

 

  左・黒部五郎岳               右・薬師岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215045j:plain

 

 

黒部五郎岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215105j:plain

 

 

北アルプスの最深部の山々。ここ双六がこの山々への入口である。

来年いくぞー!! この向こうにある雲の平まで。

目指せ、鷲羽岳水晶岳・雲の平・黒部源流・黒部五郎岳薬師岳(いけたら・・がんばる)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215130j:plain

 

 

薬師岳(2926m)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215155j:plain

 

 

鷲羽岳水晶岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215221j:plain

 

 

いい眺めだ‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215240j:plain

 

 

ぼちぼちと戻らねば・・・。  

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215315j:plain

 

 

 右・笠ヶ岳(2897.5m)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215401j:plain

 

 

三俣蓮華岳は富山・岐阜・長野の3県の県境である。f:id:tokidokiyamanobori:20171003215429j:plain

 

 

正面に 槍ケ岳。f:id:tokidokiyamanobori:20171003215457j:plain

 

 

巻道分岐です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200758j:plain

 

 

眼下に双六小屋の全貌。  朝、なぜかこの登りがとてもつらかった・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215546j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215607j:plain

 

 ツエルト撤収して下山の準備をします。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215642j:plain

 

 

なが~い道のり、の~んびり歩こう( ^ω^)・・・ 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215821j:plain

 

 

双六から槍ケ岳へ行くこの西鎌尾根のルートは人気のコースである。

まだ行ったことはないが、いずれ行きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215849j:plain

 

 

お互いのんびりと。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215908j:plain

 

 

二日目の鏡池は風なく写真撮影にはBESTな状態。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215928j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215948j:plain

 

 

鏡池はこんなにぎわいです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220015j:plain

  

 

秩父沢。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220126j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004205534j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220153j:plain

 

 

あと少しでわさび小屋。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220212j:plain

 

くじける心をこいつが癒してくれる・・・wwwww。 たまらん!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220237j:plain

 

 

昼ごはんです。(ここはわさび小屋、あしからず)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220250j:plain

 

 

新穂高温泉から鍋平駐車場まではキツイ登りなので断念し、ロープウェイを使ってズルしました。400円+荷物代100円=500円で楽をしました。

鍋平駅から約20分歩いて無料駐車場へ。こんな道をだらだらと歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220308j:plain

 

 

鍋平駐車場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220326j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220342j:plain

 

今回は、北アルプス最深部入口の下見ということできました。

活動時間19時間、歩行距離31Kmのデータでした。

ここから先の北アルプス最深部を次はチャレンジしたいものです。

来年1週間の休みをとるぞ~!!

2017.9.9~11 南アルプス 鳳凰三山

ずっと前から気になっていたオベリスクと言う尖がった山・・・?

どんな山か? 行ってみた。

鳳凰三山(ほうおうさんざん)は薬師岳観音岳・地蔵ヶ岳(オベリスク)の三山の総称。百名山ということもあり、北岳をはじめとする白峰三山仙丈ケ岳甲斐駒ヶ岳百名山を間近に見るすばらしい山でした。

 

9/9 5:40スタート 天気は快晴。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916185939j:plain

 

登山口から夜叉神峠まで約1時間。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916185953j:plain

 

6:50到着

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190004j:plain

 

 

白峰三山 しらねさんざん(北岳間ノ岳農鳥岳)の展望がよい夜叉神峠。

雲で見えていない・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190016j:plain

 

 

いい天気だ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190041j:plain

 

尾根伝いの登山道がほとんどだが、けっこうキツイ登りもある。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190113j:plain

 

こんな歩きやす所ばかりじゃないです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190131j:plain

 

静かな登山道だ。人は少ない。クマが怖い・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190147j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190206j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190415j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190443j:plain

 

 

10:35 苺平(いちごだいら)ただの山の中、峠みたいな場所。

ここからおおむね下ることテント場まで約30分。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190508j:plain

 

 

11:10   南御室小屋

夜叉神峠からこの登山道の唯一のテント場です。

水はOK!! ビールがよく冷えます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916190525j:plain

 

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191738j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191752j:plain

 

9/10(日) 天気よし!! テントそのままで 5:30出発。

樹林帯の急登を過ぎると この展望が。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191807j:plain

 

うっすらと富士山が見えました。(ズームアップしてます)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191822j:plain

 

 

森林限界を超えたあたり。

もうすぐ薬師岳小屋。f:id:tokidokiyamanobori:20170916191858j:plain

 

 

もう一度 富士山(これが本日の見納めとなります)

てっぺんに雲がかかってます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191924j:plain

 

 

薬師岳山頂が見えました。

この大きな石の下を下ると、薬師岳小屋があります。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191940j:plain

 

 

雲海。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916191954j:plain

 

 

6:50 薬師岳小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192016j:plain

 

 

建て替えてまだ2週間だそうです。

泊まりたかった~。 いい小屋ですね~。

ちなみに、軽食はないです。ドリンク販売のみ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192038j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192059j:plain

 

小屋からすぐに薬師岳頂上となります。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192132j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192154j:plain

 

 

とても広い薬師岳山頂です。(テント泊したいが、ダメなんです)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192212j:plain

 

 

薬師岳頂上(2780m)

f:id:tokidokiyamanobori:20170918035949j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192422j:plain

 

 

 

見えるは観音岳。約45分の道のり。歩きやすい楽しい稜線です。 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192659j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192754j:plain

 

山の東側は雲が多いですね。(ふり返って見ると)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192820j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192849j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192911j:plain

 

 

北岳3193m(日本第2位の高さ) 雲かかって山頂が見えないですね~。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916192940j:plain

 

 

先ほどの雲海がとれた下の町(山梨県北杜市あたりかな?)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193108j:plain

 

ほんとに気持ち良い稜線歩きです。つらい顔して歩いちゃだめです。

楽しい顔して歩こう!!  って言ってました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193146j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193217j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193234j:plain

 

7:40  鳳凰三山の中で一番高い山 観音岳2840mに到着。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193255j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193339j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193430j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193510j:plain

 

 

狭くて休憩場所にはちょっと不向きなところでした。

でもたくさんの人が・・・。  休憩で座る適当な石がない・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193619j:plain

 

 

地蔵岳に向け出発!  ガスで真っ白に・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193704j:plain

 

 

グッと下ってまた登って・・・。

すれ違う登山者は顔色変えてゼイゼイと登ってきます。(そんなにキツイか?)

ゆっくり登ればいいのに。

見える地蔵岳オベリスク(オベちゃ~ん!)って言ってた。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193746j:plain

 

オベちゃ~ン!

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193817j:plain

 

快適とは言えない稜線ですが、楽しい。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193850j:plain

 

 

芸術品のような盆栽か???

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193925j:plain

 

 

また・・・登る・・・!

f:id:tokidokiyamanobori:20170916193945j:plain

 

 

よそ見    北岳頂上付近はまだ雲がかかっている。もう少しで雲がとれる。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194034j:plain

 

 

オベリスクが近くなりました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194050j:plain

 

 

9:10 賽の河原(さいのかわら)にはお地蔵様がたくさんありました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194126j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194149j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194213j:plain

 

 

東方面を向いているお地蔵様。

何を物語っているのか・・・。(歴史を調べたいですね) 

お地蔵様の後姿がなんとも・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194255j:plain

 

 

てっぺんまで登るのは無理ですが、途中までは行けそうです。

ということで、行けるとこまで行きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194316j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194349j:plain

 

さすがに素人は登るには無理なてっぺんの石です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194415j:plain

 

 

高度感あります。くさりなしです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194438j:plain

 

 

甲斐駒ヶ岳がなかなか顔を見せない。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194518j:plain

 

 

オベリスクの全容

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194609j:plain

 

 

左遠くに、仙丈ケ岳3032m。   右、甲斐駒ヶ岳は雲で見えす。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194634j:plain

 

 

甲斐駒ヶ岳2967mチョット見えた瞬間。(今日、一番の顔見せ)

恥ずかしがり屋か???

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194701j:plain

 

 

オベリスクに登る登山者を撮影。(3人組様写っているかな?)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194725j:plain

 

 

ちょっとズームアップで!

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194805j:plain

 

 

 

岩にへばりついてますが落ちないよう気をつけて下さい。(;^_^A

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194841j:plain

 

ガスのかかりやすいオベリスク

f:id:tokidokiyamanobori:20170916194910j:plain

 

 

 

地蔵岳から高嶺~白鳳峠~広河原へ下山する方面。(急な下りでけが人多いとの話)

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195000j:plain

 

 

遠くに見えるのは八ヶ岳でしょうか・・・?

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195026j:plain

 

10:50 全貌が見えた、白峰三山しらねさんざん(北岳間ノ岳農鳥岳

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195046j:plain

 

 

昼近くなるとすごい勢いで、ガスがグングン上がってきます。

右側(東側):甲府方面  合成写真ではありません  自然現象のすごさ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195118j:plain

 

 

しばらくするとオベリスクがまた見えました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195146j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195214j:plain

 

 

帰り道に見える 遠くに薬師岳

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195539j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195609j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916195637j:plain

 

 

薬師岳から見える薬師岳小屋。

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916214245j:plain

 

 

薬師岳小屋を通り過ぎて

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200120j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200135j:plain

 

 

14:00 テントを残してきた南御室小屋に到着です。

もう一日お世話になります。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200155j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200210j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200226j:plain

 

今日途中から山行をご一緒させていただいた3人組の方、ずっとお付き合いしていただきありがとうございました。楽しかったです。

私は引き続きもう一泊でしたので、帰り際に珍しいビールをいただきどうもありがとうございました。冷たい水でよく冷えてました。

そして、夜はよく眠りました。 

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200320j:plain

 

 

こんな空を見上げながらマイウ~!!   

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200337j:plain

 

 

キンキンに冷えててうまかった。 ゴチでした。

山岳トレイルランしている岡山から来て見えた方とテンバでいろんな話をさせていただき楽しかったです。 掘ちゃん! 来年のレース参加に向けてぜひ頑張ってください。応援しております。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200307j:plain

 

 

ここにいっぱいだったテントが、昨日とは違って少ないテント。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200351j:plain

 

 

9/11(月) 静かな朝を向かえました。 最終日は下山のみです。

7:15

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200406j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200421j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200440j:plain

 

 

1人静かな下山です。クマが出ないか・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200454j:plain

 

 

 

なが~い下山道中、やっと夜叉神峠まで来ました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200507j:plain

 

 

9/11 10:50  やっと到着。たくさん歩いた気がします。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200523j:plain

 

 

この夜叉神峠登山口から先はマイカー規制で通行できません。

北岳登山の広河原へ行くには芦安からバスで行くのがお勧めです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200542j:plain

 

 

帰りのバス停はこんな感じです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170916200557j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170918014704j:plain

 

今回は夜叉神峠登山口から鳳凰三山を目指しました。距離はありますが、特に急登なく整備された登山道でとても歩きやすいと思いました。

青木鉱泉か、御座石温泉からのコースが距離的には近いと思います。

さて、次はどこへ行こうか・・・

2017.8.10 南アルプス 甲斐駒ヶ岳2967m

仙丈ケ岳に引き続き、甲斐駒ヶ岳へと2日目の登山です。

好日に恵まれ筋肉痛をおして頑張りました。(下山は筋肉破壊状態・・・)

8/10 6:00スタート

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200025j:plain

 

 

長衛小屋すぐ前が登山口。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200037j:plain

 

 

堰堤(えんてい)がいくつもある沢沿いを歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200147j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200208j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200229j:plain

 

約30分で仙水小屋。予約者以外は立ち入り禁止でしたので休憩はできません。

ここにテント場ありますが、見た感じスペースは狭いイメージでした。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200249j:plain

 

 

不思議な岩石がゴロゴロしている場所。

うまくかみ合っていて崩れたりなどの落石はなさそう。

火山の噴火で飛び出した岩石のようです。(珍しいと思います)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200305j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200322j:plain

 

 

登山道のペンキマークないです。個人のカンで進んでください。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200339j:plain

 

仙水峠に到着。7:00

右に行けば栗沢山~アサヨ峰~鳳凰三山方面

左に行けば、駒津峰6合目(2740m)へ1時間40分ほど。 

ここからは急登が続きます。。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200351j:plain

 

 

鳳凰三山地蔵岳オベリスク)が見えます。(写真中央のとんがり)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200403j:plain

 

 

甲斐駒ヶ岳は雲がかかっている。

手前は、摩利支天の岩壁がドーンと見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200418j:plain

 

急登が続く樹林帯。 けっこうキツイっすね!

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200430j:plain

 

 

昨日登った仙丈ケ岳f:id:tokidokiyamanobori:20170819200444j:plain

 

 

正面の山が栗沢山で、遠くに北岳が見える。f:id:tokidokiyamanobori:20170819200504j:plain

 

 

グッと近くなった甲斐駒ヶ岳。(山肌が白いため雪があると見間違うほど)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200625j:plain

 

 

駒津峰2740m(6合目)  広い休憩場所となる

ここから1時間30分~ほどで頂上へ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200643j:plain

 

 

ここからが、岩場などアップダウンあり。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200700j:plain

 

 

駒津峰~六万石までのヤセ尾根が約30分ほど続きます。ストックは一時片付けた方がよいと思います。f:id:tokidokiyamanobori:20170819200717j:plain

 

 

飛行機雲が美しい!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200731j:plain

 

 

鳳凰三山の向こうにうっすらと富士山だろうか???

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200744j:plain

 

 

8合目付近から直登ルートと巻道ルート分岐あり。ここではルートが見えませんね・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200805j:plain

 

 

左側は絶壁。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200826j:plain

 

 

 

岩場はストックを片づけた方が登り降りしやすい。

(頑張ってストックを駆使している方がいますが、三点支持でバランスよく岩をつかんでほしいと思います。)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200840j:plain

 

 

ちょっと振り返り、巨大な岩石が集まっている六万石(8合目)を眺める。

ここを過ぎるとすぐに直登コースと巻き道コースに分かれます。

直登コースは初心者は避けた方がいいですね。岩場で高度感ありとのこと。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200851j:plain

 

 

上に直登コース、右に巻き道コース(ほとんどの方は巻き道)

f:id:tokidokiyamanobori:20170820074757j:plain

 

巻き道でも、岩が落ちてこないか心配な景色・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200908j:plain

 

 

不思議な登山道に感動を覚えます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200929j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200942j:plain

 

規則正しく並んでいる石が不思議です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819200957j:plain

 

 

これも自然の芸術?。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201010j:plain

 

 

登山道

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201023j:plain

 

 

摩利支天の頂。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201036j:plain

 

 

規則正しく並んでる石がやはり面白い。不思議・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201052j:plain

 

 

あと少しで頂上か・・・!!  道しるべがその気にさせる。ガンバ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201126j:plain

 

 

下りの案内

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201140j:plain

 

 

やっと頂上へ到着信仰登山の山、甲斐駒ヶ岳の祠。10:15

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201201j:plain

 

 

頂上は大きな石が点在しているが、広いので休憩しやすい。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201214j:plain

 

 

鋸岳(のこぎりだけ)へのルートが続いている。危険とある。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201224j:plain

 

 

この先が鋸岳へと続く。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201241j:plain

 

 

鋸岳2685m

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201258j:plain

 

 

仙丈ケ岳3032m

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201338j:plain

 

 

甲斐駒ヶ岳2967m。

山頂は思ったより広いです。気温18度と涼しい!!

360度パノラマで北岳仙丈ケ岳などの南アルプスの山々・富士山・八ヶ岳・遠く北アルプスまで見渡せる。(雲が多く遠くは見えなかった・・・。)

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201357j:plain

 

 

下山も気をつけて。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201410j:plain

 

 

摩利支天へも行けます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201942j:plain

 

 

鳳凰三山の方向は朝からずっと雲がかかっていました。

富士山が見える方向のはずです・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201438j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201452j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201510j:plain

 

 

六万石は8合目。ちょっと休憩していきましょう。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201528j:plain

 

 

駒津峰から双児山コースで下山します。2649m

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201600j:plain

 

ガスがよく出るが涼しくていい。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201617j:plain

 

 

思ったより急登はなく、緩やかに北沢峠まで安全に下山できました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201631j:plain

 

 

 

長衛小屋のテント場がより一層増えている気がします。

4時頃にもなると寒くて、暖かいウエアを着ました。

この日は、長衛小屋のシャワー(5分500円)でスッキリ汗を流し気持ちよくテントに入りました。

また、となりのテントの方と酒を酌み交わし、いい思い出となりました。

私の相手になっていただき本当にありがとうございました。

いよいよ明日は、山の日ですが下山です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201644j:plain

 

 

8/11、山の日。AM7時。

北沢峠には何台ものバスがたくさんの登山客を乗せ集まってきました。

戸台方面から来るバスと広河原から来るバスで北沢峠は人でごった返していました。

すごい人の数に、正直びっくりしました。

こんなにたくさんの人が来て、テント張る場所あるのかな~なんて他人を心配する自分でした。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201658j:plain

 

 

北沢峠こもれび山荘は毎日にぎわっていました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201712j:plain

 

 

 

北沢駒仙小屋(長衛小屋)⇒仙水峠⇒駒津峰⇒(巻き道)甲斐駒ヶ岳⇒駒津峰⇒双児山

⇒北沢峠。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819201725j:plain

 

北沢峠を拠点として2つの百名山が登れるので、ベースキャンプで2日~3日間が楽しめます。

多少ザックの荷物が多くても、バス停から歩く距離が短いため苦にならないのが利点。

ビールは川に冷やせば何とかなりそうですね。!!

テント場は早い者勝ちですよ!!  (テント幕営1人500円)

いい山でした!!

2017.8.9 南アルプス 仙丈ケ岳3032m

8/8 台風5号が過ぎていくのを追いかけて長野県入り。

今回は仙丈ケ岳甲斐駒ヶ岳の登山計画。

伊那市の仙流荘前よりアルペンルートバスに乗換え、

午前10:05発のバスで走ること55分、北沢峠へ向かいます。

駐車場は目の前の田んぼの手前です。(協力費200円の箱が設置してありました。入れましょう)満車の時は右下に駐車場有。

登山届はここで提出です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153241j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153307j:plain

 

10:05のバスは僕1人だけでした。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153329j:plain

 

鋸岳(のこぎりだけ)の中腹から流れる幻の滝 👇

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153354j:plain

 

 

北沢峠バス停前のこもれび山荘(バス終点)

北沢峠⇔広河原のバス運行あり。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153420j:plain

 

 

バス停より徒歩10分で長衛小屋(北沢駒仙小屋)で早速テント設営。

長衛小屋ではドリンク販売ありますが軽食はなし。(ビール・ワイン・カップ麺あり)

テント泊の方は必ず食事を準備して入山すること。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153437j:plain

 

 

明日の好天を祈り、今宵はのんびりとテントで一杯飲みながら過ごしました。

台風の影響もまだ残っていたためか、テント数は少なく増水した川の水の音がザーザーと音をたてていました。

水場はこのテンバにあり。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153500j:plain

 

 

8/9 朝4:30、まだ暗いですが仙丈ケ岳へ向け出発です。

尾根ルートが景色良いです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153517j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153532j:plain

 

明日登る甲斐駒ヶ岳です。右のこぶは、摩利支天。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153545j:plain

 

 

仙丈ケ岳へはまっすぐに登りましょう。 6:30

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153559j:plain

 

甲斐駒ヶ岳2967m 左に鋸岳

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153638j:plain

 

 

6合目 7:10

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153704j:plain

 

 

写真中央が鋸岳2685m(200名山)難所が続く岩稜地帯ゆえに事故も多いとのこと。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153719j:plain

 

 

森林限界を超えハイマツが現れました。いよいよ小仙丈ケ岳へ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153743j:plain

 

 

左遠くに富士山、右は北岳(第2位の高さ3193m) 百名山ワンツーのショットです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153821j:plain

 

 

百名山鳳凰三山地蔵岳観音岳薬師岳

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153841j:plain

 

 

ぐんぐん標高が上がりました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819153908j:plain

 

ガスが出てきた。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154047j:plain

 

 

やっと小仙丈ケ岳。7:55

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154112j:plain

 

 

あと少しで仙丈ケ岳

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154135j:plain

 

 

あと少しは約1時間

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154206j:plain

 

 

富士山と北岳 雲がかかりました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154248j:plain

 

 

カール地形が美しいです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154307j:plain

 

 

北岳3193m(中央)と間ノ岳3189m(右)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154336j:plain

 

 

伊那市方面(だと思います)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154354j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154412j:plain

 

 

まだ、8合目???    けっこうきついぞ・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154438j:plain

 

伊那市方面をズームアップ

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154502j:plain

 

 

仙丈ケ岳直下にある仙丈小屋(要予約)

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154519j:plain

 

一番右に見えるのが仙丈ケ岳の頂上。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154533j:plain

 

 

振り返るとこんな景色

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154550j:plain

 

 

あと少しだ。ガンバ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154609j:plain

 

 

トンボがカメラに写ってますね。9:17

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154634j:plain

 

真下に仙丈小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154703j:plain

 

 

よく歩いてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154727j:plain

 

 

仙丈ヶ岳2975mが中央に見えます。ここはやめました。もうエラいっす!

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154753j:plain

 

 

平日でもたくさんの方が登頂。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154818j:plain

 

 

北岳が近い!!  富士山は雲で見えず。残念。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819171954j:plain

 

ぐるっと回るように下山開始です。小屋でドリンクを・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154844j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154901j:plain

 

頂上を見上げて

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154920j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154940j:plain

 

あぁ~ ドリンク販売なし、軽食もなし・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819154956j:plain

 

 

小屋の下にありがたいことに天然水があった。給水です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155015j:plain

 

馬の背ヒュッテ方面へ下山。なだらかで歩きやすい。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155033j:plain

 

 

鹿の害を防ぐネット  お花畑

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155047j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155102j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155114j:plain

 

 

ここも軽食なし。カップ麺とコーヒーとジュースあり。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155127j:plain

 

馬の背ヒュッテを少し下ると分岐。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155143j:plain

 

 

まっすぐ山の方へ進むと大滝の頭5合目へ。 今

回は川沿いに降りることにします。左の道へ進む。⇒ 大平山荘へ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155157j:plain

 

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155213j:plain

 

きれいな沢です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155247j:plain

 

 

雨の影響もあってか、滝がきれいだ。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155302j:plain

 

 

雪渓が残ってた。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155323j:plain

 

沢とはここでお別れ、山道へと進みます。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155335j:plain

 

 

正面に見えるは鋸岳。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155350j:plain

 

 

大平山荘を経て北沢峠~テント場へ戻ってきました。 14:00

知らぬうちにたくさんのテントがいっぱいになってます。

自然に囲まれたいいキャンプ地です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155404j:plain

 

 

見上げれば、空は夏空。  う~ん・・・気持ちいいです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819155418j:plain

 

標準タイムよりオーバーするようになってきました。年のせいですね~。

f:id:tokidokiyamanobori:20170819181400j:plain

 

では、明日は甲斐駒ヶ岳へと続きます。

バイバイ。

2017.6.10~11 ソロキャンプ 福井県大野市から。

麻那姫湖キャンプ場はいいとこだ~!!

とにかく広い!!

自然満載!!

いい!!

キャンプ使用料が安い!!

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221128j:plain

 

普通車500円

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221142j:plain

 

 

すぐ、キャンプ受付があり宿泊料500円必要だったが、まぁ、計1000円也は安い!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221155j:plain

 

有料サイトと一般サイトに分かれていますが、一般サイトで十分です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221211j:plain

 

ここも一般サイトで、好きな場所に車を停めてテントOK!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221228j:plain

 

たしか、ここも一般サイトでオートキャンプOK。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221242j:plain

 

 

川が合流しているところ。水深はあるが、にぎわうところだと思う。

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221537j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221611j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221646j:plain

 

この辺りは有料サイト。テントサイトの土が盛ってあります。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221702j:plain

 

管理小屋に近いサイト。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221713j:plain

 

入口ゲートに近いところにある避難棟。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612224455j:plain

 

避難棟の中に設置しているシャワー設備。100円玉利用。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612224507j:plain

 

簡易シャワーです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612224517j:plain

 

 

キャンプ場中心部に近い トイレ、水場に近いところでテント張りました。

ソロキャンプなので今回は登山用テントです。

午後からは雨予報なのでスノーピークのタープの下にテントを張り、雨対策万全です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221756j:plain

 

修理した、コールマンの「ランタン」。 ばっちり明るいです!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221807j:plain

 

ざんざん降りの雨の中、我ながら完璧なキャンプに満足している自分です。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221816j:plain

 

翌日は好天に恵まれ、テント乾くまでのんびり。

ごはん炊いて、朝食はカレーライス。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221834j:plain

 

 

帰り道は、一方通行で専用出口よりキャンプ場を出ます。

出口手前には、このようにゴミ捨て場が管理されていました。

ありがたいことです。(ごみは持ち帰りが基本ですが、甘えることとします。)

ポイ!!f:id:tokidokiyamanobori:20170612221851j:plain

 

出口ゲートです。

キャンプ場へ入るには、また入口ゲートで500円払って入ります。

出入りするたび500円が必要になるシステムです。

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221902j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221917j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170612221926j:plain

 

まとめ

時期的にまだ人は少なかったものの、川はきれいで広いキャンプ場はこれから夏に向け家族連れがにぎわうことでしょう。

遊ぶ芝生広場がとても広いので驚いた。

テントサイトと芝生広場はロープで仕切られているため安全だと思う。

名古屋からは、郡上八幡➡白鳥➡九頭竜➡麻那姫湖キャンプ場 

(高速代節約して、美濃から一般道走っても約4Hのいいドライブです)

大野市散策(大野城)~ 勝山市の恐竜博物館は有名~ 永平寺はちょっと遠いかな・・・。  福井のベースキャンプにもってこいの場所だと思いました。

 

 

平成5年に購入したコールマンのストーブとランタンを修理して復活したぞ!!

子供たちと昔よく行ったキャンプ。

購入したのが23年前になろうかコールマンのストーブとランタン。

ポンピングしてもスコスコと空気が圧縮されず、こりゃダメだ!

なら、自分で直してみようと部品と工具をネット等で購入し、壊れてもよい覚悟で挑戦!

20年近く使っていなかったから、どこが悪いのかわからず、ネットで検索しながら修理方法を勉強しました。

まずは、ポンプカップ交換、ジェネレーター交換、チェックバルブの掃除と交換。

コールマン専用工具とチェックバルブ交換専用レンチなどなど購入。

うーん、トータル7~8千円ぐらい使いました。

ホワイトガソリンも入れると諸々の修理費約1万円。

 

 

チェックバルブ専用工具(上)とコールマン専用工具(下)

f:id:tokidokiyamanobori:20170607214851j:plain

 

508Aストーブのジェネレーター、おそらくはスス等で火力調整ができないと思い交換。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607214915j:plain

 

 

ランタンのジェネレーターも交換のこととしました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607214926j:plain

 

 

ランタンのチェックバルブは、緑色の錆が付着していたため交換。

トーブ508Aは、ガソリンでチェックバルブを清掃してごみ等を取り除きました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607214939j:plain

 

これだけでも結構なお金がかかりました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607214951j:plain

 

 

ついでに、ストーブの錆が気になったので、錆取りをしました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215041j:plain

 

 

いちおう、緑色のペンキで塗っておきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215051j:plain

 

さて、修理はひととおり完了ですが、作動するかどうか・・・。

ポンピングの感触はOK!

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215104j:plain

 

 

少しすると、火力が落ち着いてきました。

さらにポンピングして強火、弱火の調整もOKでした。ばっちり、復活です!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215132j:plain

 

 

次はランタンのマントルを空焼き。(久しぶりに手が震えました)

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215156j:plain

 

最初は、炎がランタンの傘を超えて燃え上がりましたが、めちゃ明るい炎に落ち着き、ポンピングでさらに、強、中、弱の調整もできました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215208j:plain

 

 

いいねぇ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215218j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215235j:plain

 

 

キャンプの必須アイテムが20年ぶりに復活した瞬間!! 

直ってくれてありがとう。ますますコールマンの道具に愛着がわいてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20170607215247j:plain

 

まとめ

我ながらよくぞ直したと感心しております。これ以上の修理はたぶん無理。

この二つを持ってソロキャンプに行こうと決めた瞬間でした。

もちろん登山には持っていきません。

平湯キャンプ場の森で酒でも飲みながらひっそりと楽しみたいもんです。

(主に虫集め(蛾)のためのランタンですけどね・・・。)

G/W涸沢 Part2

自分が行けなかった北穂高岳、少し酔って寝ていた時の夜のテン場、を涸沢で出会った友が撮った写真を Part2で紹介(投稿)します。

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205047j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205059j:plain

 

 

かなりの急斜面ですね~・・・。テン場が小さい( ^ω^)・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205109j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205117j:plain

 

写真は素敵ですね~

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205124j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20170516205131j:plain

 

すばらしい写真だと思います。

寝ていた僕には、きれいな写真で感動です!!

                                                                                                                 (Photo by suzuki)