tokidokiyamanobori’s diary

登山記録を自分の足跡として残し、自然のすばらしさを伝えたい。

2018.6.2 上高地:岳沢小屋(だけさわごや)プチ登山。

明神から徳本峠(とくごうとうげ)を計画したがウェストン祭りで徳本峠小屋とキャンプ場は宿泊無理とのこと。

急遽、岳沢小屋(だけさわごや)へと変更、道中は人が少なく穴場の感じがしました。

岳沢小屋の展望デッキからは上高地を見下ろし、広がる山々は乗鞍岳・焼岳・霞沢岳の展望が良い。涸沢(からさわ)の景色より良いと思う。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175908j:plain

 

6/2(土) 6:40 上高地バスターミナルから出発。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610130132j:plain

 

いつもの景色ですが、写真を撮ります。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610130327j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610130443j:plain

 

穂高連峰の山々の名称です。今日はその穂高連峰の下にある岳沢へ入ります。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610131228j:plain

 

上高地の新緑がまぶしくすばらしい。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610131341j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610131406j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610135839j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610135908j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610135946j:plain

 

六百山

f:id:tokidokiyamanobori:20180610140018j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610140045j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610140102j:plain

 

 

ここから岳沢への分岐点。f:id:tokidokiyamanobori:20180610140124j:plain

 

本格的な登山口となります。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610172424j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610172454j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610172521j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610172845j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173157j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173236j:plain

 

石の隙間から涼しい風がヒューーと吹いていました。

ツララにはおどろいた・・・!!

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173308j:plain

 

 

いい天気だ。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173359j:plain

 

 

樹林帯を抜けると広い河原へ出た。西穂高岳の方向です。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173442j:plain

 

西穂高岳はどれか?

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173528j:plain

 

下を見れば上高地

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173556j:plain

 

天狗岩と天狗のコル・ジャンダルムが間近に見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173653j:plain

 

やっと中間点。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173730j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173807j:plain

 

 

きれいに組まれた石段が続く。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173903j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610173947j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174012j:plain

 

 

長野県警のヘリが何度も西穂高あたりを旋回している。事故でもあったか?

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174038j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174055j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174134j:plain

 

岳沢小屋が見えた。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174200j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174225j:plain

 

まだ雪渓が残っていた。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174309j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174359j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174440j:plain

 

 

小屋の上部、重太郎新道で前穂高岳方向だと思う。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174508j:plain

 

到着しました。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174557j:plain

 

きれいな山小屋です。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174642j:plain

 

すばらしいテラス。特等席へどうぞ。

左手は霞沢岳、中央遠くに乗鞍岳、右側に焼岳。眼下には上高地。2170mからの景色。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174707j:plain

 

テンバは思ったより少なく、この場所でもOKをいただいたのでフラットで寝ることができました。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174807j:plain

 

テントからの景色。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174846j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610174943j:plain

 

生ビール800円、カレーライス800円。おでんもあったぞ。

缶ビール350ml ⇒500円 雪解け水でよく冷えていた。

水場あり(無料)。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175007j:plain

 

きれいな赤屋根に干された布団を見事に部屋へ投げいれていた。

布団は良く干されてお天道様のにおいがしていそうだ。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175046j:plain

 

山小屋の上部、吊尾根(つりおね)の方向。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175115j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175137j:plain

 

 

最高の景色を見ながらのいいビアガーデンだと思う。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175207j:plain

 

眼下は上高地。(かっぱ橋、帝国ホテル、大正池が見える)

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175303j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175324j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175356j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175539j:plain

 

日中は暑いが、夕方からは寒い。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175621j:plain

 

かんたんパスタ。

パスタのゆで汁を捨てると環境に悪いので、250mlの水で約4分~5分でパスタが完成。

味付けは永谷園マツタケのお吸い物。シンプルでうまいです。お金がかからない。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175712j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175815j:plain

 

 

6/3 5:30 今日もいい天気だ。乗鞍岳がよく見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175908j:plain

 

下山開始。

f:id:tokidokiyamanobori:20180610175946j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610180022j:plain

 

 

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180610180148j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610180255j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180610180319j:plain

 

 

2018.4.28~30 立山(雷鳥沢キャンプ場)

室堂(むろどう)バスターミナルより

f:id:tokidokiyamanobori:20180505081846j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505081912j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505081938j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082008j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082021j:plain

 

みくりが池は雪の中。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082051j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082111j:plain

 

 

雷鳥 発見!!

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082131j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082145j:plain

 

室堂バスターミナルより約1時間、雷鳥沢キャンプ場へ。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082211j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082247j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082914j:plain

 

キャンプ場管理小屋は雪の中に埋もれていたようだ。

トイレも水もOK。 1泊500円×2日=1000円(安い宿泊代だ)

f:id:tokidokiyamanobori:20180505082946j:plain

 

正面の山(右)は奥大日岳。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083019j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083051j:plain

 

ここを登ると剱御前小屋。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083448j:plain

 

ボーダー・スキーヤーたちが登っています。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083555j:plain

 

 

今日は体調不良、手と足がしびれる・・・、高山病か?

体が動かないためここで登山中止! テン場まで下りることに。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083630j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083713j:plain

 

テントでしばらく休み、雷鳥沢ヒュッテの温泉へ。¥700

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084432j:plain

 

風呂上りはやはりこれ・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084503j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084522j:plain

 

3日目、朝6時 立山より朝日を浴びて帰路へ。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083857j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083947j:plain

 

 

室堂バスターミナルから雪の大谷ウオーク。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083218j:plain

 

今年は17mの積雪。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083248j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083309j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505083332j:plain

 

バスの車窓より

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084824j:plain

 

弥陀ヶ原

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084854j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505085101j:plain

 

美女平を出発。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505085020j:plain

 f:id:tokidokiyamanobori:20180505085135j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084927j:plain

 

立山駅。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505085158j:plain

 

無料駐車場(満車)

f:id:tokidokiyamanobori:20180505084943j:plain

 

もう一つの温泉

みくりが池温泉 入湯記念のコースター。

f:id:tokidokiyamanobori:20180505124358j:plain

 

G/W前半の天気は良く、テント内の朝の気温は-5度、思ったより寒くないすばらしい立山を堪能できた。

温泉付きのキャンプは最高です。

次は立山から五色ヶ原へ行く計画をしよう。

 

最近 山行ってないので・・・桜でもと思いまして。

わが街通勤経路  片道4.5Km×2=健康のため毎日歩いています。

3/27 例年より1週間早い開花。

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074248j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074311j:plainf:id:tokidokiyamanobori:20180407074340j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074409j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074431j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074448j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074502j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074523j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074542j:plainf:id:tokidokiyamanobori:20180407074553j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074610j:plainf:id:tokidokiyamanobori:20180407074628j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074700j:plainf:id:tokidokiyamanobori:20180407074711j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074725j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074739j:plain

 

4/6 

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074854j:plain

 

名古屋市西区幅下 みゆき公園よりサトザクラ御衣黄(ぎょいこう)という品種。

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074910j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074927j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074937j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407074948j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407075011j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20180407075022j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

何気なく通り過ぎている街中ですが、のんびり歩けば美しい花や野鳥などが目にとまります。毎日の変化を楽しみに観察したいものです。

2018年 新年あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろとお世話になりました。

いつもブログを見てくださっている方、山でご一緒させていただいた方には感謝を込めて引き続きいい記事が書けるように精進したいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。     2018年 元旦

f:id:tokidokiyamanobori:20171225223457j:plain北八ヶ岳(西天狗岳より)

 

我が家の家族  👇 (よろしく)

f:id:tokidokiyamanobori:20171229225203j:plainf:id:tokidokiyamanobori:20171229230543j:plain

🍺🍺 

 

 

僕の年間ベストショット 

3月 北八ヶ岳(白駒池)

f:id:tokidokiyamanobori:20171230102958j:plain

 

5月 北アルプス(涸沢)

f:id:tokidokiyamanobori:20171230102418j:plain

 

10月 北アルプス双六岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171229230857j:plain

 

10月 北アルプス(鏡平)

f:id:tokidokiyamanobori:20171229231415j:plain

 

11月 大峰山脈 八経ヶ岳雪の華

f:id:tokidokiyamanobori:20171230102240j:plain

 

  元気!  がんば!  感謝!

すばらしい1年になりますように!! 

2017.11.25~26 紀伊山地の大峰山脈 八経ヶ岳(1915m)

奈良県天川村の河合登山口から八経ヶ岳(はっきょうがたけ)へ登りました。

河合登山口~栃尾辻~狼平~弥山(みせん)~八経ヶ岳~明星ヶ岳~河合登山口

 ”長いコースでした。”  距離約26Km、活動時間16時間(1泊2日)。

奈良県に入ったときは、紅葉がきれいでいい登山になると思ってましたが・・・。

 

 

11/24

f:id:tokidokiyamanobori:20171202192835j:plain

 

天川村となりの黒滝村の道の駅に立ち寄りました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202192858j:plain

 

 

しし汁(猪)が美味かった。帰りも寄って下さいと言っていたので、帰りにも立ち寄りしし汁をいただきました。1杯500円⇒具だくさん

f:id:tokidokiyamanobori:20171202192915j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171203011621j:plain

 

天川村の交番に登山届を提出し、天川村の温泉に入り、今夜は天川村役場の駐車場で車中泊

役場の観光課の方から山の情報を仕入れたところ、八経ヶ岳は積雪ありとのこと。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194034j:plain

 

車は駐車OKでした。写真に写っているトイレもきれいに清掃されていてOKです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194100j:plain

 

11/25(土)7:00出発。

登山口は、グラウンド横の道を山に向かって行くと、登山口の看板がありました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202231742j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202231809j:plain

 

 

登山道は整備されているものの、このしばらくの階段はきついです・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194120j:plain

 

 

第一の送電鉄塔です。ここまで1時間。(眼下は弥山川の紅葉)

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194707j:plain

 

尾根道は気持ちいい。紅葉も少しだけど残ってます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194740j:plain

 

落ち葉の上をサクサクと歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202194851j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195320j:plain

 

 

9:20分 第二送電鉄塔。鉄塔の真下から撮った写真です。いい休憩場所です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195337j:plain

 

 

このあたりで標高は1200mぐらいだと思います。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195350j:plain

 

気温は2~3度。雪が見えてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195411j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195431j:plain

 

10:50 栃尾辻まで来ました。けっこう距離ありました。標準コースタイムを1時間オーバー。3:50かかった。

この避難小屋は廃屋です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195451j:plain

 

 

標高1400m付近。葉っぱはついてない・・・。霧氷できれいです。

 空は快晴、

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195617j:plain

 

しばらくきれいな霧氷に見とれ・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195832j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202195907j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202200421j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202200453j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202200513j:plain

 

狼平(おおかみだいら)へ向かう分岐点です。緩やかな下りが20分ほど続き、狼平避難小屋へ着きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202200535j:plain

 

13:40 狼平のつり橋。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201258j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201417j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201437j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201454j:plain

 

きれいな避難小屋です。(トイレ無し)

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201512j:plain

 

2Fもあります。

今日はここで宿泊の予定でしたが、だれもいない・・・。

お化けが出そうだから、ここはパスして弥山(みせん)へと登ることにします。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201531j:plain

 

狼平から上は、登山道が整備されていて階段が続きます。これが、しんどい・・・!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201608j:plain

 

 

雪の量が増えてきて、樹氷になってきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201649j:plain

 

足を止め、自然の作り出した美しさをしばらく堪能です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201705j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201817j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201843j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201923j:plain

 

 

右手に見えるこの山が、八経ヶ岳。(明日行きます)

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201940j:plain

 

15:00  ようやく弥山(みせん)に到着。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202201954j:plain

 

山小屋は終了していて、テント泊と避難小屋(泊)しかありません。

避難小屋は使用料3000円とかいてあり、鍵付きのさい銭箱のような木箱がついていました。毛布も用意されていました。(当然、無人です)

しかし、悪しき者がこの箱を壊していた。とても残念に思います・・・。山にきて悪さするんじゃね~よ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202010j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202026j:plain

 

 

世界遺産の地でありながら、トイレがないのはチョットきついです・・・。

ぜひ、作っていただきたい。(小屋のトイレを利用できるようにとか・・・)

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202041j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202056j:plain

 

この弥山で見かけたテント数は計5張りしか見なかった。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202112j:plain

 

 

テント内紹介。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202155j:plain

 

登山に必要ないイルミネーション持ってきました~。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202209j:plain

 

 

やはり、寒いときは熱燗がいいっす( ^ω^)・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202223j:plain

 

11/26 出発です。6本爪アイゼン持ってきてよかった。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202239j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202254j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202433j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202520j:plain

 

晴れてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202540j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202556j:plain

 

 

視界が広がり、この東方面は大台ケ原でしょう。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202621j:plain

 

とても山深い紀伊山脈です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202641j:plain

 

雪の積もっている山が、弥山です。小屋が見えます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202655j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202710j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202727j:plain

 

八経ヶ岳(はっきょうがたけ)到着!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202757j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202815j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202831j:plain

 

明星ヶ岳へちょっと寄ります。(5分)

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202847j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202905j:plain

 

明星ヶ岳への分岐場所

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202926j:plain

 

さて、長い道のりを帰ることとします。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202939j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171202202959j:plain

 

途中、興味本位で林道を歩きましたが、道は落石、崩落で危険な道なので入らない方がいいです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202203014j:plain

 

林道出会い

f:id:tokidokiyamanobori:20171202203050j:plain

 

13:30 第一鉄塔付近から見える天川村の風景。あと少しですが、

f:id:tokidokiyamanobori:20171202203116j:plain

 

 

14:00 登山口へ無事到着。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202203133j:plain

 

足がパンパンです~。

f:id:tokidokiyamanobori:20171202203150j:plain

 

大峰山脈は北は吉野山から南は熊野の本宮に達し、その間に近畿の最高峰、八経ヶ岳を頂点に1200m以上の名のある山が50座を数える長大な山脈である。

また、この大峰には行者たちのために75か所の霊場があり、吉野川畔「柳ノ宿75」から出発し「熊野本宮証誠殿1」に至って峰入れを完了するとのこと。

紀伊半島を貫く神々の山稜・大峰山脈を走る縦走路は「奥駈道(おくがけみち)」と呼ばれ1300年の歴史を持つ山岳古道。この奥駈道(参詣道)が2004年7月に世界遺産登録された。(昭文社の2017版、山と高原地図より一部引用)

 

一般の登山での縦走は約1週間ほどかかるようなので、分割して登るのがよさそう。

縦走するならテントより避難小屋利用がBESTだそうです。(季節によっては水場が枯れることもあり要注意!)

ただ、女人結界門というのがあり、大峰山寺本堂・大峰山山上ヶ岳)へは女性は入れないので注意が必要です。

今回の登山を足掛かりに吉野山大峰山寺~山上ヶ岳~大普賢岳~行者還岳~弥山の大峰奥駈道(修験道)を歩いてみたいものです。(体力と相談しながらですが・・・)

 

 

 

 

2017.11.12 愛知県森林公園・植物園より

読書の秋・食欲の秋・芸術の秋・秋の夜長・紅葉・・・etc

みなさん、秋は何を楽しんでいるでしょうか?

人それぞれ自分に合った過ごし方をして楽しんでいることと思います。

3000m級の山ではもう冬景色で、生活圏とは違う厳しい自然が着々と進んでいるようです。

里山、都会もぼちぼちと紅葉が進み、日にひに景色が移り変わるのを体で感じているのではないでしょうか。

観光地では渋滞など大勢の人でごった返している最中、名古屋市守山区のはずれにある愛知県森林公園に行ってきました。

とても静かで、紅葉も少しですが色づいてきています。

来週から月末にかけてはいい頃合いを見せてくれることだと思います。

一足早い紅葉を撮ってきましたので時間のある方は写真を楽しんで下さい。

また、よろしければぜひお出かけの場所にどうぞ。

 

 

駐車場は、大道平池(ボート池)のところに無料駐車場があります。

広々としていて日曜日もこれくらいですかね・・・。(ピーク時はもう少し多いかも)

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155314j:plain

 

 

有料施設になっているので、入園料大人1名210円です。(ペットは禁です)

ほかに東門、南門があります。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155638j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155658j:plain

 

 

ここは野鳥観察の池で、多くの鳥たちがギャーギャーとジャングルにいるかのような鳥のすさまじい声も聞けます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155718j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155736j:plain

 

一部ですが、紅葉も始まっていますね。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155758j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155820j:plain

 

結構広いんです。テントを張りたい( ^ω^)・・・

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155835j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155847j:plain

 

空は、秋晴れ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155902j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155928j:plain

 

いい色に染まってますね!

f:id:tokidokiyamanobori:20171112155944j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160006j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160021j:plain

 

 

どんぐりの森にはたくさんの種類のどんぐりが落ちていました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160036j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160049j:plain

 

 

お金持ちになりたい。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160125j:plain

 

 

双眼鏡がないと鳥はわかりません。バードウオッチングですね。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160148j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160201j:plain

 

 

この公園にはいくつもの散策コースがあるので迷います。

現在地がわからない・・・(山で言うと遭難ですねぇ・・・)

ちなみにこの公園はYAMAPの地図ありますからダウンロードして現在地が詳しく活用できます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160218j:plain

 

 

どこへ向かうのか気の向くままに行きましょう。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160233j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160249j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160306j:plain

 

梅の木の名前ってたくさんあるんですね~、知らなかった。1本1本名前がついてる。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160322j:plain

 

ここは芝生広場です。(左手側です)

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160334j:plain

 

今日は池の噴水が出てないですね~。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160354j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160415j:plain

 

 

なんと言う木かわからないが、インパクトの強い樹ですなー。デカイ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160434j:plain

 

東門です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160446j:plain

 

 

東門すぐ横にある竹林。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160503j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160521j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160533j:plain

 

竹林を過ぎるとこのあたりがもみじのトンネルになるようです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160557j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160624j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160641j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160702j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160721j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160737j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160809j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160822j:plain

 

さくら????

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160838j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160857j:plain

 

秋の気分を感じるススキがいいですね~

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160916j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160930j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160943j:plain

 

ここは、森の展示館です。(無料)

f:id:tokidokiyamanobori:20171112160956j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161010j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161024j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161054j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161110j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161128j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161140j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161155j:plain

 

 

ござを広げてランチタイムがBESTの場所です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161209j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161227j:plain

 

 

スタートから1時間50分で北門へと戻ってきました。歩いた距離5.9kmでした。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161242j:plain

 

ボート乗れます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161308j:plain

 

散策を終え、帰りに守山区にある「竜泉寺の湯」に立ち寄り、ひとっぷろ浴びて汗を流しました。500円だから安いです。日曜朝6時~9時までに入れば400円ですぞ!!

別料金で1500円で翌朝までお泊りが可能ですがどうでしょうか。興味のある方はぜひ。

f:id:tokidokiyamanobori:20171112161319j:plain

 

 

以上、名古屋の近郊のレポートでした。

 

2017.9.30~10.1 北アルプス 双六岳(2860m)

新穂高温泉の登山者専用駐車場は2日前(平日)から満車とのことで、仕方なく鍋平駐車場へ止めることとしました。

初めての鍋平駐車場で下りる登山道がよくわからないので明るくなった6時頃から動き出しました。駐車場から20~30分近くかけ急な登山道を下りましたが、帰りのこの登りは嫌だなと思いました。

さて、天気は好日、登山日和となった2日間でしたが、長い道のり、素晴らしい景色を堪能できました。

 

 

広い鍋平無料駐車場です。トイレも設置されています。

しかし、ここから下のロープウェイ乗場のところまで下りなければなりません。f:id:tokidokiyamanobori:20171003213141j:plain

 

 

新穂高ロープウェイの側を通り、わさび小屋まで歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213203j:plain

 f:id:tokidokiyamanobori:20171003213216j:plain

 

 

秋空!! 最高!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213233j:plain

 

 

わさび平小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213256j:plain

 

 

ここはまだ紅葉していません。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213334j:plain

 

 

いよいよ登山道らしくなる小池新道の入口です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213358j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213423j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004195910j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004195928j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213441j:plain

 

 

山がグッと近くなり、紅葉も見え始めてきました。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213459j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200050j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200107j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213519j:plain

 

 

熊の踊り場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213545j:plain

 

 

あと500mが意外に長い道のり。 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200150j:plain

 

 

標高2200mくらいの紅葉。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213604j:plain

 

 

あと5分がキツイ!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213622j:plain

 

 

鏡平山荘の手前にある鏡池。

少し風があり、池の波が揺れていたので逆さ槍がイマイチ。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213639j:plain

 

 

槍ケ岳から穂高連峰の3000m級の山々がすばらしい景色です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213656j:plain

 

鏡平山荘から間近に槍ケ岳がよく見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213714j:plain

 

 

この場所にテントが張れないのが残念。ここにキャンプ場があればな~‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213739j:plain

 

 

宿泊したことはないが、一度ゆっくり泊まってみたい山小屋だ。

かき氷がうまそうでした。(ここの名物かな?)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213758j:plain

 

 

鏡平山荘から標高をグッと上げて、弓折分岐へ向かいます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213819j:plain

 

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213840j:plain

 

小屋から弓折分岐まで約1時間歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213915j:plain

 

弓折分岐です。笠ヶ岳と双六小屋への分岐点。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213940j:plain

 

ここから気持ちいい稜線歩きが続きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003213955j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214013j:plain

 

 

雪田。花見平。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214144j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214218j:plain

 

 

百名山 鷲羽岳がどか~んと見えました。ここが双六小屋です。(ズームです)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214202j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200415j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200450j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214237j:plain

 

 

ふり返ると笠ヶ岳が遠くに見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200520j:plain

 

 

やっと双六(すごろく)に到着。

遠いな~ ここまで・・・。疲れた~~

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214254j:plain

 

 

標高2600mに位置する双六小屋

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214335j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214354j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214410j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214432j:plain

 

 

テント場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214446j:plain

 

 

今回は、初のツェルト泊。 3回も練習した甲斐があってバシッとうまく立てることができました。

ツェルトですが、この時期は寒いので暖かめのイスカシュラフ450X(-6℃)対応を使用。ダウン着てダウンパンツでまあまあ暖かくできました。

感想:雨が降ったらヤバイ感じだけど、このファイントラックのツエルトはスーパーテントになりそう。(缶ビール1本ぐらいの大きさ)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214509j:plain

 

山は気圧が低いため、袋が破裂寸前のクリームシチューとパンです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214534j:plain

 

 夜は風がビュービュー吹いたり静かになったりで、テントから空を見上げれば素晴らしくきれいな星たちが輝いていました。(なぜかぐっすり眠れなかった・・・)

さて、翌日早朝は4:30出発。

双六岳からご来光を・・・見るぞ!!

と 頑張って双六岳頂上目指して頑張ったけど、小屋の上のキツイ登りに苦しんだ。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214557j:plain

 

 

あたりは真っ暗。でも登山道はわかる。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214617j:plain

 

 

空がしらじらと明るくなり、山のシルエットがなんともいえない夜明け前。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214633j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214647j:plain

 

 

ご来光で~す。 雲海がないから パッ‼ といきなり太陽が出てくる。

慌ててシャッターを押す・・・‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214702j:plain

 

双六岳頂上の手前で、夜明けになっちまった~。

右側の遠くに見えるのが双六岳頂上みたいだ。何人かいるのが見えた。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214822j:plain

 

 

気持ちいいね~!! 

歩いていて楽しい!!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214922j:plain

 

 

双六岳頂上から見る 岐阜県の飛騨神岡が雲海に包まれていた。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003214947j:plain

 

 

笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳御嶽山百名山の山並みがいい。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215007j:plain

 

 

黒部五郎岳(2839m)が見える。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215030j:plain

 

 

  左・黒部五郎岳               右・薬師岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215045j:plain

 

 

黒部五郎岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215105j:plain

 

 

北アルプスの最深部の山々。ここ双六がこの山々への入口である。

来年いくぞー!! この向こうにある雲の平まで。

目指せ、鷲羽岳水晶岳・雲の平・黒部源流・黒部五郎岳薬師岳(いけたら・・がんばる)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215130j:plain

 

 

薬師岳(2926m)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215155j:plain

 

 

鷲羽岳水晶岳

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215221j:plain

 

 

いい眺めだ‼

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215240j:plain

 

 

ぼちぼちと戻らねば・・・。  

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215315j:plain

 

 

 右・笠ヶ岳(2897.5m)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215401j:plain

 

 

三俣蓮華岳は富山・岐阜・長野の3県の県境である。f:id:tokidokiyamanobori:20171003215429j:plain

 

 

正面に 槍ケ岳。f:id:tokidokiyamanobori:20171003215457j:plain

 

 

巻道分岐です。

f:id:tokidokiyamanobori:20171004200758j:plain

 

 

眼下に双六小屋の全貌。  朝、なぜかこの登りがとてもつらかった・・・。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215546j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215607j:plain

 

 ツエルト撤収して下山の準備をします。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215642j:plain

 

 

なが~い道のり、の~んびり歩こう( ^ω^)・・・ 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215821j:plain

 

 

双六から槍ケ岳へ行くこの西鎌尾根のルートは人気のコースである。

まだ行ったことはないが、いずれ行きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215849j:plain

 

 

お互いのんびりと。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215908j:plain

 

 

二日目の鏡池は風なく写真撮影にはBESTな状態。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215928j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003215948j:plain

 

 

鏡池はこんなにぎわいです。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220015j:plain

  

 

秩父沢。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220126j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171004205534j:plain

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220153j:plain

 

 

あと少しでわさび小屋。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220212j:plain

 

くじける心をこいつが癒してくれる・・・wwwww。 たまらん!

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220237j:plain

 

 

昼ごはんです。(ここはわさび小屋、あしからず)

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220250j:plain

 

 

新穂高温泉から鍋平駐車場まではキツイ登りなので断念し、ロープウェイを使ってズルしました。400円+荷物代100円=500円で楽をしました。

鍋平駅から約20分歩いて無料駐車場へ。こんな道をだらだらと歩きます。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220308j:plain

 

 

鍋平駐車場。

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220326j:plain

 

f:id:tokidokiyamanobori:20171003220342j:plain

 

今回は、北アルプス最深部入口の下見ということできました。

活動時間19時間、歩行距離31Kmのデータでした。

ここから先の北アルプス最深部を次はチャレンジしたいものです。

来年1週間の休みをとるぞ~!!